PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

夫婦やり直し講座

諦めないでもう一度やり直してみませんか!あの頃のラブラブ夫婦に戻る方法があります
妻が欲しいのは宝石より言葉
0
    夫から妻に対して「ありがとう」「愛してる」「苦労掛けるね」などという言葉は、日本人に気質からしてなかなか難しいものがありますが、女性はお金や宝石よりも言葉が欲しいのです。

    こころのこもった言葉にこしたことはありませんが、そうでなくても、言葉にしてほしい、と妻は思っているのです。

    男が思っている以上に、女には言葉が大切なのです。妻のちょっとした行為に対しても、「ありがとう」で答えてあげる。

    それだけで、ああ、この人は私のことを見ていてくれんンだ、と感じることができるのです。

    男がプライドの生き物だとすれば、女はいつまでも、見ていてほしい生き物なのです。

    しかし、男性諸氏は「そんなこと言わなくてもわかるだろう」という変なプライドがあり、それが夫婦関係を悪くしていく原因にもなっているのです。

    言葉は男が先にかける。夫婦関係をうまくしていく方法の一つです。男と女の間には、男がするべきこと、女がするべきこと、そんな役割分担がきちんとあります。

    そんな役割分担の苦労に対して、恥ずかしがらずに「苦労掛けるね」すると、女はそれだけで幸せな気分になります。

    ああ、私をちゃんとわかってくれているんだ、私の苦労もわかってくれているんだ。と感じることができるのです。

    休みの日に仕事仲間を呼んで、パーティーと言うこともあるでしょう。

    すると、女は対応や料理に大変な労力を使います。そんなときに、ひとこと「大変だったね。ありがとう」という言葉があれば、疲れも何も吹っ飛んでしまい、それだけで癒されるのです。

    それを、「何だ、ぶすっとして、もっと愛想よくしろよ」なんて言われたら、女は切れてしまいます。

    子供の教育のことでも、大抵の男は女に任せきり、なのにいろいろと文句をつける。子供が受験で失敗したときでも「よくがんばってくれたな〜」といとこと言えばいいものを「お前のやり方が悪かったから落ちたんだ」などと頭ごなしに言えば、たちまち夫婦喧嘩の始まりです。

    そんな喧嘩をみている子供たちはもっと悪く、ダメになってしまいます。

    ほんのちょっとしたことでいい、わたしを見ていてくれるんだ、と感じる言葉をかければ、女はそれで幸せな気持ちになれるのです。
      

    | 夫婦やり直し | 22:18 | - | - | - | - |
    PR
    サイト内検索
    リンク集
    ブログランキング
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS